歯が及ぼす口元の見た目について その1

今回は歯が及ぼす口元の見た目について話をしたいとおもいます!
僕は歯科の業界にはいるまで、歯には無頓着だったことを前回の記事で書きましたが、その無頓着なのが祟って、左右上下のほとんどが銀歯という状態でした!(ll゚д゚)
まぁ、当時は全然そんなのも気にならなかったんですが、歯科の業界にはいるにあたって、だんだん人の口元にやたら目がいくようになり、その中で銀歯がめちゃ目につくようになったんです。
そこで自分の歯を改めてマジマジと見つめると、銀歯がよーみえることみえること、、、、
過去の写真を振り返ってみてみると、笑ってる写真でも銀歯がチラチラみえちゃうんですよね(ll゚д゚)
で、意を決して銀歯を白い歯にしてやろう!ってことで、頑張ってる少しずつ白い歯に変えてもらいました。
総額にすると恐ろしいのですが、すこーしずつやるぶんには頑張ればいける範囲で、メタルボンドという白い歯に変えたんですが、変えてみてやってよかった( ;∀;)と思いました。
そうなると他にも細かいところが気になりはじめて、茶色く変色した部分を削って樹脂をつめてもらったり、ホワイトニングにも手を出したりしながら、歯の定期検診で、歯石除去とか歯の表面を磨く処理をしてもらって、今では昔と比べて全然ましな?口元になりました。

で、僕が言いたいことはというと、1本だけでも歯を気にし始めると、口元の見た目は劇的に良くなっていく!という事なのです。
そして最近良く思うのですが、髪型とか服装とか、見た目にこだわりを見せておしゃれをするのに、なんで口元はそうじゃない人が多いんだろう?っていうこと。

おしゃれな格好をしているのに、歯に着色があったり、歯石があったり・・それがめちゃ見えてる!!っていうひとも結構いたりします。
それって結構残念な感じじゃないですか?
かっこいい男の人なのに、前歯の歯茎の際に結構茶碗の奥底にある茶渋みたいなのがついてるような人・・・
かわいいい女の子なのに、なんでそんなに歯が黄色くなっちゃったのっていう人・・・
歯垢がべたべたついてるのは論外として、そんな人はどんだけおしゃれな格好をしても残念な人になってしまいます!

なので、せっかくおしゃれをしている人や、接客をしている人、彼氏彼女といった恋人を探したい人なんかは是非とも口元にも気を使ってほしいなぁと思います!

次回は口元を良くするために、保険診療内でできることや自費診療でできる事について触れたいと思います!

ということで、事務スタッフのNでした!