歯医者のフッ素について

おはようございます!こんにちは、こんばんは!
寒川歯科のブログ担当Nです!

今回は子供の歯科治療で、多く耳にすることであろう、フッ素について語ってみたいと思います。

フッ素は、歯を丈夫にする効果があります。
子供の乳歯は生えてから約2年は柔らかいため、虫歯に弱い状態です。
ですが、フッ素を塗布することで、初期の虫歯ではあれば、再石灰化で歯が修復され虫歯予防に役に立ちます。

また、定期的にフッ素塗布を行うことで、歯質が強化され虫歯になりにくい歯になります。(歯が生えたころから小学校高学年まで定期的に行うと、虫歯予防に効果的です。)

ちなみに定期的にというと、どれくらいの間隔で行ったらいいのか?という疑問がでると思いますが、この考え方については歯科医院によって違いがあります。寒川歯科では、3~4か月に1回の割合で定期的に行ったほうが効果がでるとお伝えしています。

あと、よく聞くご質問として、自宅でフッ素を塗ることはできないのか?というご質問を耳にします。
フッ素配合といった歯磨き粉もあったりしますが、歯科医院で塗布しているものと比べると、フッ素濃度が低いため効果が薄いです。もちろんやらないよりしたほうがよいのですが、ご自宅でされる処置と合わせて、歯科医院での処置をすることをお勧め致します。

フッ素について少し書いてみましたが、子供の歯を守っていくのであれば、フッ素での予防もそうですが、定期的に検診を受けるのが一番です!
どれだけきれいに歯を磨いたつもりでも、虫歯になるときは虫歯になります。
遺伝的要素など、様々な要因があってそうなりますが、虫歯は初期段階でみつけて処置したほうが、負担も少なく行えますし、歯医者嫌いになることもないと思います。

検診だけでも定期的に受けられることをお勧めします!

以上!寒川歯科事務担当Nでした!