歯間清掃をジェットフロスでやってみた!

皆様こんにちは!こんばんは!河内長野駅前徒歩3分!
寒川歯科のブログ記事担当Nです!
今回は「歯間清掃・ジェットフロス」について書きたいと思います。

1.歯の間はしっかり掃除しないとだめ!

歯磨きをする人は普通に多いと思いますが、歯と歯の間を掃除する人は少ないのが事実…。これまでの記事でも触れてきましたが、歯と歯の間もしっかり掃除しないと、せっかく歯磨きしてるのにそこから虫歯ができてしまいます!
なんのために歯磨きしてるんだ!ってことになりますよね?
特に、歯周病や加齢によって歯と歯の隙間が大きくなってくると、ものが詰まりやすくなって、虫歯になる確率も格段にあがります!

2.歯間清掃はブラシがすぐへたる

ということで、歯と歯の間を掃除するのにはフロスか歯間ブラシを使うことになるのですが、フロスは基本使い捨て。歯間ブラシも物によっては使い捨て。使い捨てじゃない歯間ブラシでも、ブラシがヘタれば交換しないといけませんが、歯ブラシと違って歯間ブラシのブラシ部分はすぐへたります。

3.ジェットフロスを使ってみた

ということで、私Nはずっと気になっていたジェットフロスとやらを去年買いました。

ジェットフロスはどんなものかというと、タンクに水をいれて、その水を高圧で吹き出させて歯の間を水で書き出すという代物。
これを使うことで、歯間ブラシを使わなくて済むだろうと思い、買ってやってみましたが…思っていたよりすごく良いです!

▼良いところ

・ブラシみたいに買い換えなくていいので経済的
・高圧洗浄によりすっきり感がある
・アタッチメントが豊富で、いろんなところにも使える

▼悪いところ

・強さ加減を誤って歯茎に当てるととても痛い。
・方向を誤って口蓋垂(のどちんこ)にあたると絶句する。
・当て方を工夫しないと水しぶきが飛び散る

4.ジェットフロスはコードレスタイプがオススメ

いいところ悪いところを書き連ねましたが、総じてメリットのほうが大きです!しかし、コードレスであることが重要です!
ジェットフロスはコードレスとコードレスじゃないのがあるのですが、コードレスじゃないと使うところが限定されるし、正直線が邪魔でしょうがないです。
僕が使っているのはコードレスで、水しぶきが飛び散ることを考えて、お風呂場で使っています。お風呂場以外で使用するときは、口をすぼめてあてるとそこまで水しぶきはとびません。

5.フロスはいる

このジェットフロス。素晴らしいものですが、正直歯と歯の隙間に有効ではありますが、狭い間には流石に効きません。なので、本当は毎日したほうがいいんでしょうが、それはめんどくさいので僕は定期的に糸のフロスを通してケアしています。

▼まとめ

歯の隙間がほとんどなく、歯の状態がいい人であれば、そこまでフロスについて木にする必要はありませんが、どうしても加齢によって歯茎が下がってくると隙間がでてしまうんですね・・・悲しいかな。

しかもその部分のケアを怠ると口臭がでる!なのでしっかりケアしないといけない!それを楽しく?きれいに?経済的にケアしてくれるのがジェットフロスです!amazonとかで国産メーカーのジェットフロスも、中華産の安いジェットフロスもあります。
本当は国産メーカーのほうがいいと思うのですが、僕は中華産の安いジェットフロスを使っています。ですが、壊れもせずに今も現役です。是非一度機会があればお試しください!

以上、河内長野にある寒川歯科、担当Nでした!

大阪府河内長野市にある、河内長野駅近くにある歯医者
寒川歯科医院
〒586-0015 大阪府河内長野市本町22−20 優智ビル
TEL:0721-54-1668 提携駐車場アリ!
診療時間:月曜・火曜・金曜 9:00~13:00 15:00~20:00
水曜・土曜 9:00~13:00 木曜・日曜・祝日は休診
南海高野線・近鉄長野線の河内長野駅から徒歩3分の近さ