なんとなく知っているインプラントという治療法について

みなさんこんにちは!こんばんは!寒川歯科ブログ記事担当のNです!
今回は誰しもが一度は聞いたことのあるインプラントについてお話したいと思います!

インプラントとは?

インプラントとは、乱暴な言い方ですがわかりやすく書くと、なくなった歯の部分に、ボルトを埋め込んで、その上に歯をネジのようにかぶせるという処置なんですが、一時すごくインプラントがブーム?だったので、どういうものか知っている方も多いと思います。
そして、そのほとんどの方がネガティブなイメージを持っている人も多いと思います。
それもそのはずで、たくさんの歯医者さんがインプラントという自費診療をもって売り上げをあげようとしたため、そのうちの一部の歯科医院が質の悪い院プランをしたり、説明が不十分だったためにトラブルになったりとしたために、マスメディアもそれをとりあげてネガティブキャンペーンが多く拡散しました。

ですが、インプラントって条件さえ合い、しっかり理解して正しい処置を受ければとても素敵な治療方法なんです

インプラントのメリット・デメリット

まず、インプラントの治療を受けたいと思うシーンとして、歯が抜けてしまった。もしくは、虫歯の治療によって歯が駄目になった。という場合があるのですが、インプラント治療をしない場合、こうなってくるとポイントデンチャーといって、部分入れ歯を用いるか、ブリッジ(隣の健康な歯を削ってとなりの歯と合体した歯をかぶせる)という治療を用いることがほとんどになります。
どちらもメリットデメリットがあるのですが、審美的なアプローチでお話をさせてもらうと、まず部分入れ歯という選択。これはどのような年齢の方でもそういった治療が選択肢にあがるということは、それ相応のショックを受ける事となります。
だってそうですよね。入れ歯というイメージ=おじいちゃん・おばあちゃんというイメージになってしまうし、まだそんなに年を取ってない!ってなる人もいると思います。
仮に部分入れ歯の治療を受けるとなって、部分入れ歯を使うことになると、部分入れ歯のワイヤーが場所によっては見えてしまいますし、食事中なにかあった際にぽろっと人前で取れた・・とか考えたら嫌ですよね?
ブリッジの治療だとそういうことはほぼありえないのですが、ブリッジの治療をした歯というのは、健康な歯を削ることになるので、その歯の寿命が縮んでしまうというのもあるのですが、その歯の間に食べかすが詰まりやすく、口臭の原因となったりする場合もあります。

そこで、インプラントという選択肢がでてきます。
インプラントのデメリットははっきり言って僕は費用だと思っています。
自費診療になるためにどうしても高くなってしまいます。
安いインプラントをされているところもあったりしますが、はっきりいってインプラントの品質や安全性が、通常の良いとされるインプラントブランドに比べて落ちます。そんなインプラントを打つのは嫌ですよね?
なので、1本インプラントを普通にうとうとすると、少なくとも20万くらいはかかるようになってしまいます。
この20万という費用はホント痛い。
けど、お金さえなんとかなるのであればこのインプラントというのはホント良いものだと思っています。
パッと見ではインプラントを打っているなんてわからないし、普通の歯のように扱えるのですから。
ただ、やはり日頃のメンテナンスは欠かせません。
しっかりケアをしていかないと、歯茎がやせ細りダツリするといったこともありますので、インプラントを打った後は定期的なメンテナンスが必要になります。

しかし、先ほどあげた部分入れ歯やブリッジのデメリットを補うメリットがあるので、費用さえ何とかなればインプラントはとても優れた治療方法なのです。

まぁ一番いいのは自分の永久歯ですので、そうならないためにも日々のケアをしっかりできればと思うのですが・・・まぁ仕方ないときもありますからね!

ちなみに当院では現在インプラント治療はできないのですが、気軽にご相談いただければと思います!

ということで担当Nでした!また次回!