歯間ブラシについて

皆様こんにちは!今回は歯ブラシ以外の歯の清掃アイテム。
歯間ブラシについて語りたいと思います!

こんな人にぜひ読んでほしい!

・歯並びが悪い
・歯の間にすき間がある
・高齢者の介護で口腔ケアをしなければいけない

まぁ、正直今回の歯間ブラシのお話は、歯並びがとってもきれいで、歯のすき間がない人には無縁のお話となってしまうのですが・・・
どちらかというと世間的には歯のすき間が実はあって、そこのケアが出来ていないという人がとても多いので、歯間ブラシのお話がしたいと思ったわけです!

ということで歯間ブラシですが、歯と歯の間を掃除するブラシのことを歯間ブラシといいます。
たぶん歯ブラシコーナーで幾度となくご覧いただいたこともあるはず。
で、この歯間ブラシ使う意味があるのか?と聞かれると、歯と歯の間にすき間がある人や、ブリッジの治療を受けた人は絶対使ってほしい!と思っております。

といいますのも、歯ブラシだけでは絶対この歯と歯のすき間は掃除できないんですよね。
そこにプラークがどんどんたまっていって、口臭の原因にもなりますし、虫歯の原因にもなります。

人のたしなみとして口臭を発している自分とか嫌ですよね?
前日ににんにくてんこもりの餃子を食べて、歯を磨いても、歯のすき間にニンニクが挟まったらもともこもありません!
あ、くっさ!と思われたら、ナチュラルにあいての呼吸が鼻呼吸から口呼吸に変わり、口呼吸さえもままならなくなったら、距離を置かれる羽目になります!

歯間ブラシは歯科的見地でお話をさえてもらうと、虫歯になるから・・・というのが一番の理由で使ってほしいとなりますが、僕の立場でお話させてもらうと、口臭のもとになりやすいから、身だしなみに気を使う人で歯並びが悪い人は是非歯間ブラシを使ってほしいです。

ちなみに歯ブラシと歯間ブラシを使って口腔ケアを行うと、歯ブラシのみでのケアは58%のプラーク除去率に対して、歯間ブラシを併用すると、それが95%までアップします!

https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/tool/04.htm
上記サイトが歯間ブラシについてわかりやすく書いてるのでぜひこちらをご覧ください!

▼高齢者の介護で口腔ケアをしている人へ

高齢者の介護で口腔ケアをされている方もいると思いますが、そういった方には歯ブラシ以外にも歯間ブラシを使う事をお勧めします。
高齢者といっても、一人一人のお口に環境は全く異なるのですが、多くは歯の間がすき間が多く、歯ブラシだけではケアしきれない箇所が多い状態だと思います。
そこで、歯間ブラシを使ってやると、ごっそりきれいにプラークがとれたりします。
ただブラシを使うだけでなく、コンクールという薬用マウスウォッシュを使うと、人によってはスース―してすっきりするという方もいます。

歯間ブラシは使ってみないとその良さがわからないのですが、使ったことのない方は自分のサイズにあった歯間ブラシを買ってぜひ使ってみてください!
えっ、歯磨きちゃんとしてるのに、こんなにプラークでてきちゃうの?っていうくらい奇麗にしてくれます。

ということで、寒川歯科の担当Nでした!
次回もぜひお楽しみに!!