歯に関するキケンな症状

こんにちは!河内長野駅前徒歩5分にある寒川とかいてそうかわ。寒川歯科の事務担当Nです!

今日は歯に関するキケンな症状についてお話していこうかと思います!
皆さんの歯は今どんな状態でしょうか?歯磨きのときなど、定期的にチェックしていますか?

歯並びの状態、歯の着色。歯茎の腫れについてなどいろいろ。
歯が痛いなぁー・・・とか、歯がしみるなぁ・・・とか、あからさまに分かる変化があれば歯医者に行こうかなと思うのでしょうが
それ以外、自覚症状がなければそうそう行くことはない歯医者。

しかし!そうなったときにはだいぶ歯の状態が悪くなっており、ひどい歯周病で治療に時間がかかるとか、神経が腐って歯の根っこの治療が必要!とか、そんなふうになりがち。
そうならないようにするためにも、ちょっとした症状に気を配ってすぐに歯医者へ行くようにしましょう!
こうすることで、歯の治療に時間がやたらかかるお金もやたらかかるといった事がなくなります

ということで、今回は歯の状態の見極め方について触れたいと思います。
これから書く内容にもし当てはまったり、不安がある方はお気軽に!一度歯医者に足を運んでください。

【歯の根元が黒い、歯の裏側が黒ずんでいる】

進行が遅い虫歯は、口の中にある常在菌といういわゆる雑菌が原因なのですが、それが歯に巻き込まれることによって段々黒ずんでくるようになります。
歯の上部や歯の根元に発生しやすい黒ずみなのですが、自分自身では見落としてしまう事が多いので十分注意してください。
虫歯の可能性が大で、進行が遅いため気づいたときには取り返しのつかない事になっていたということが多々あります。

【歯茎から血がでていて歯磨きのときに血が出る】

歯周病とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織(歯を支える部分)に発生する疾患のことを言います。
歯茎と歯茎の境目にはよく食べかすがたまりやすい為、歯周病の原因となる最近が繁殖しておりその結果、歯茎が赤く腫れあがり炎症をおこして出血してしまうのです。
軽いものなら歯磨きをする時に毎日歯垢をとりのぞけば元通りに治すことができます。
ですが、そのまま放置しておくと最終的には歯が抜けてしまうこともあるので気をつけてください。

【口が大きくあかない、顎に違和感がある】

「口が大きく開けられない」「口を動かすと痛い」「顎が鳴る」 そんな症状が見られた場合、若い女性に急増している顎関節症かもしれません。
自然に治る軽度のものもありますが、私生活に支障をきたすレベルのものも存在します。
原因としてはさまざまで、顎に悪い癖がある、ストレス、ぶつける等の外傷…というのが主にあげられます。
「顎の間接の病気」は歯科医院で治療できますので、もし違和感を感じることがありましたら歯科医院にご相談ください。

上記はほんの一部です。
自分に当てはまる症状はありましたでしょうか?
なんとも思ってない症状でも、悪化すれば最悪な事態になりかねません。気になる方は一度お気軽にご相談ください!