来院の原因TOP5の発表!その3:歯を磨いたら血がでる!

こんにちは!河内長野駅前徒歩5分にある寒川とかいてそうかわ。寒川歯科の事務担当Nです!

前回の記事では、寒川歯科に来院される患者さんの主な主訴トップ5のうち、「詰め物がとれちゃった」という事について触れましたが、今回はその3をお送りします!

歯を磨いていたら血がでてきた・・・こういったケースは誰もが経験したことがあるはず!
その大半の理由は歯周病が原因です。

そしてもっとも恐ろしいのは、歯周病という病気。大抵の人が歯周病になっているということ!

日本生活習慣病予防協会の発表によると、歯周病の有病率、20歳代で約7割、
30~50歳代は約8割、60歳代は約9割というデータがでています。
http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/disease/periodontal/

ですので、歯周病の方はちょっとした磨き残しがあったりすると、そこから炎症を起こして血がでるといったことが起こります。

そういったことが起こらないようにするには、磨き残しがないようにしっかりとブラッシングすること!
食事の後はしっかり歯を磨くという基本が大切です。

また、歯並びが悪かったり加齢による歯茎の減退があると、歯のすき間ができたりして、そこにプラークがたまりやすいので、フロスを使ったり、歯間ブラシを使ってしっかりと歯垢を除去することが大切です。

しっかり歯を磨いているのに何度も歯から血がでるようであれば、一度診察を受けられることをお勧めします。
衛生士によるブラッシング指導等も行っておりますし、原因を突き止め正しく治療にあたることができます。

ということで、次回はその4をお送りしたいと思います。

以上!河内長野駅前徒歩5分!寒川歯科(そうかわしか)担当Nでした!